2011年3月7日月曜日

BOOKSCANを試してみる 準備編

書籍をスキャナーでスキャンして、PDFファイルにしてくれるサービスがあります。普段、パソコンを使用して仕事をしていますが、調べものをするときにいちいち本を開いてぱらぱらめくるのは大変。どうせなら、パソコン上で検索できればと感じていたので、これが実現できればすごいですね。

自分の場合は、iPhoneなどの携帯端末で書籍を読むのではなくて、パソコンで参考書などを参照形式で利用するのが目的です。

いろいろなサービスがあるみたいですが、今回は「BOOKSCAN(ブックスキャン) 蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷」を利用してみようと思います。

今回はここまでやってみました。
1) アカウント作成
2) 本の準備

まずは、アカウント作成します。アカウントはもちろん無料です。必要な情報を入力するだけ。電話番号は必須のようです。カード決済で使用するのかな?

本は、一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会 (著) の「日本語スタイルガイド」を選びました。マニュアルや技術文書書きとしの参考書としてデスクトップに置いておき、疑問に思ったときに使いたいと思ったわけです。

いちいち電子書籍化するために新書を2500円払って購入したわけですが、それなりのリスクがあります。自分で自炊(裁断からスキャン)する場合、何度もチャレンジできます。失敗しても裁断されたページが残ります。そんな技術や予算がないので業者に頼むわけですが、電子書籍化された本は、廃棄処分にされてしまうのである意味OCRのスキャンがうまくいかなかった場合はお金の無駄になります。

つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿