2012年11月25日日曜日

[ソフトウェアテスト技術]ソフトウェア品質の概念で難しいと思うこと

品質の概念を理解するうえで注意しなければいけない用語で、未だにわからないものがある。
なぜなら、定義する規格や団体、人によって考え方や使い方が違うから…

たとえば、
  • エラー(error)
  • ディフェクト(defect)
  • バグ(bug)
  • 不具合
  • フォールト(fault)
  • 故障(failure)
  • 障害(fault)
  • 機能不全(malfunction)
  • 誤動作(malfunction)
  • インシデント(incident)
などがある。

このような用語を同僚やチームで話し合うときはきちんと共有しておいた方がいい。

恐らく、困るのはユーザーサポートとユーザー間の同意かもしれない。たとえば、ある機能が動作しないときにサポートエンジニアが「障害」という用語を使うかもしれない。その原因がソフトウェアにあるか、ユーザーの設定によるものか、それともソフトウェアが動作しているOS上の問題なのか明確にならない段階でこういう用語を使うと、メーカー側の落ち度と思われるのではないか?

0 件のコメント:

コメントを投稿