2013年7月26日金曜日

[ソフトウェア品質技術]Error、Fault、Failure の定義 (第4回)

『SQuBOKガイド』からそのまま引用します。

「JIS X 0014〔JIS X0014:1999〕の定義
  1. 「誤差・誤り(ISO/IEC 2382-14の error)
    計算、観測若しくは測定された値または状態と、真の、指定された若しくは理論的に正しい値または状態との間の相違。
  2. 「障害(同ISO/IECの fault)
    要求された機能を遂行する機能単位の能力の、縮退または喪失を引き起こす、異常な状態。
  3. 「故障(同ISO/IECの failure)
    要求された機能を遂行する,機能単位の能力がなくなること。」

◆言いかえるとこんな感じかな…

  1.  「誤差・誤り(error)」
    異常な値や状態、正常な値や状態との相違のこと
  2. 「障害(fault)」
    故障を引き起こす状態
  3. 「故障(failure)」
    実行できなくなること

◆注意事項

人的過誤(mistake やhumane error)は、「誤差・誤り(error)」に含まれないらしいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿