2013年10月23日水曜日

[Windows 7]F2キーでファイル名と拡張子の両方を選択したい

Windows XPからWindows 7 x64にOSが変わって困ったことがありました。

<F2>キーの仕様が変わって、ファイル名だけが選択されて拡張子が選択されなくなったことです。

VISTAからの仕様変更ですが、ファイル名変更時に拡張子が変わって困ってしまうという多くのユーザーの意見を取り入れた形だそうです。主要な機能の仕様を変更するときは、既存ユーザーも考慮して、動作をカスタマイズできるようにしないと品質(ユーザー満足度)が下がってしまう良い例に感じました。

Ctrl+A で我慢できる人も多いようですが、技術系ドキュメントの編集が多い私にとって、頻繁にファイル名をコピーしたりする作業が多く、想像以上のペインだったので対策を探してみました。ちなみに「お忍びリネーム」というツールがありますが、64ビット環境ではうまく動作しなかったので、「AutoHotKey」を使うことにしました。

AutoHotKeyを使って
次のようなスクリプトを用意しました。スクリプトファイルは、マイドキュメントに初期生成されるものを上書きして使います。
#IfWinActive, ahk_class CabinetWClass

F2::Send {F2}^a

#IfWinActive



このスクリプトを実行すると、<F2>キーを押したときに、ファイル名と拡張子の両方が選択されます。そのほか、いろいろなキーのカスタマイズができるみたいです。

スクリプトエンジンのダウンロード先はこちらです。
http://www.autohotkey.com/

2 件のコメント:

  1. これです!私が探していたのは・・・
    HELPが英語なのが難ですが、なんとかいけました!ありがとうございました!

    返信削除
  2. AutoHotKeyを使うしかないとは・・・
    不便すぎるwindows7・・

    返信削除