2013年11月27日水曜日

[ソフトウェア品質技術]品質の定義(Gerald M. Weinberg)(第8回)


Weinberg は, 品質には相対性(立場によって重視することが異なる)があり,『品質は誰かにとっての価値である』〔Weinberg 1994〕と考えた人
  • ソフトウェアを1日8時間利用するユーザにとっては使い勝手のよさが高品質である
  • 故障のたびに批判されるシステム管理者にとってはゼロ故障が高品質である
  • 厳しい予算の制約下にあるプロジェクト管理者にとっては,開発費用が少ないことが高品質である

…などその人の立場によって定義が違うという考えですね。

◆文献

”Gerald Weinberg's Secrets of Writing and Consulting -Agile and the Definition of Quality”
http://secretsofconsulting.blogspot.jp/2012/09/agile-and-definition-of-quality.html

◆余談話

「要求仕様の探検学―設計に先立つ品質の作り込み 」で知った方ですが、なかなかユーモアのある方でいろいろな本を書いていらしゃりますね。末期癌で大変とか噂をきいたのですが、twitterでも精力的に活動しています。
https://twitter.com/JerryWeinberg

0 件のコメント:

コメントを投稿