2014年1月24日金曜日

[ソフトウェア品質技術]Windows と IEのサポート終了日について

Windows と Internet Explorer (以後、IEと呼びます)のサポート終了日についてまとめてみました。こういった情報を収集・メンテナンスすることもソフトウェア品質管理の現場では必要でしょう。

◆なんで必要なの?

動作保証の対象となる環境なのにその環境がすでにサポート終了だった場合にサポートできないことがあります。バージョンアップリリース時に動作対応環境の見直しすることがあるので必要なんです。

最近のFirefoxやGoogle Chromeブラウザーは、更新頻度が非常に早いので苦しんでいるソフトウェアベンダーが多いのではないでしょうか?ブラウザーがリリースされるたびに対応ブラウザーを追加していたらテスト環境の構築からテストの実施の工数が膨大になり無理です。結局、ソフトウェアベンダーはこういう情報を基に、古いブラウザーやOSのサポートを動作保証から外したいと考えるのです。(これはオンプレミスな環境の話でばりばりのWebサービスを利用する企業ではChromeの方が有効なのかもしれませんね。)

◆IEのサポート終了日は動作しているOS依存

マイクロソフトの公式サポートサイトによると、IEのサポート終了日は、「このコンポーネントのサポートは関連する製品もしくはプラットフォームのライフサイクルに準拠します。」とのことです。 つまり、以下のようになります。
OSのサポート終了日=IEのサポート終了日

◆クライアントOS

XP VISTA 7 8
サポート終了日 ※ 2014年4月8日 2017年4月11日 2020年1月4日 2023年1月10日
IE 6
IE 7
IE 8
IE 9
IE 10
IE 11
○ ※8.1以上

◆サーバーOS

 
Server 2003
Server 2003 R2
Server 2008
Server 2008 R2
Server 2012
Server 2012 R2
サポート終了日 ※
2015年7月14日
2015年7月14日
2020年1月14日
2020年1月14日
2023年1月10日
2023年1月10日
IE 6
IE 7
IE 8
IE 9
IE 10
IE 11

◆注意点

  • 同じバージョンでもサポート終了日が複数存在する
    一般的にIE 6は、2014年4月8日にサポート終了することが情報として広まっていますが、Windows XPのIE 6の終了であってサーバーOS(Windows Server 2003とWindows Server 2003 R2)のIE 6はサポート終了にならない可能性が高いです。その点については、マイクロソフトも 明確に説明していないみたいです。
(※)サポート終了日とはマイクロソフトのサポートライフサイクルで定義されている延長サポート終了日を指します。

◆参考資料

0 件のコメント:

コメントを投稿