2014年2月21日金曜日

[ソフトウェア品質技術]McCallの品質モデル

◆最初のソフトウェア品質モデル

 1977年にJames A. McCall と 同僚によって提案されたソフトウェア品質モデルです。 ソフトウェアのライフサイクルのステージを区分ごとに、ファクター、クライテリア、メトリクスの3階層構造で品質をモデル化したも。利用者視点、開発者視点、および測定可能なレベルを結びつけた最初のソフトウェア品質モデルとして評価が高いらしいです。(※用語は適当に訳しているので適当かどうかは不明です。)

ファクター
クライテリア
メトリクス
製品改訂
Product Revision
保守性
Maintainability
Simplicity
Conciseness
Modularity
柔軟性
Flexibility
Self-descriptiveness
Expandability
Generality
テスト容易性
Testability
Simplicity
Instrumentation
Self-descriptiveness
Modularity
製品運用
Product Operations
正当性
Correctness
Traceability
Completeness
Consistency
信頼性
Reliability
Consistency
Accuracy
Error tolerance
効率
Efficiency
Execution efficiency
Storage efficiency
完全性
Integrity
Access control
Access audit
利用容易性
Usability
Operability
Training
Communicativeness
製品移行
Product Transition
可搬性
Portability
Modularity
Self-Descriptiveness
Machine Independence
Software System Independence
再利用性
Reusability
Generality
Modularity
Software System Independence
Machine Independence
Self-Descriptiveness
相互運用性
Interoperability
Modularity
Communications Commonality
Data Commonality

◆余談

 このモデルは、"General Electrics Model of 1977" とも呼ばれていますが、ソフトウェア工学の品質モデルの中で一番有名?なモデルなのに、原典の入手が困難なのはなぜでしょうか? 古いので電子化されていないとうことでしょうかね?Googleで探しているとOCRをPDF化したものを見つけたので参照サイトにリンクを載せておきます。

◆参考資料

0 件のコメント:

コメントを投稿