2015年11月27日金曜日

Bracketsで「ファイルのインデックス時にエラーが発生しました。」が発生した場合の対処[Brackets][Windows]

Bracketsは、作業フォルダーのファイル数が多いとエラーになり動かなくなることがあります。

ファイルのインデックス時にエラーが発生

その後の復旧ができなくなることがありました。これは、ソースコードサーバーなどからプロジェクトのファイルを取得して、そのプロジェクトを開いたときに発生します。

以前から、これが原因で不安定という評価でしたが、こうなったときに元に戻す方法だけ記録しておきます。

上のエラーが発生して復旧できないときは、いったん、キャッシュファイルを削除して、やり直すのが一番楽ちんです。

  1. Windowsのタスクマネージャーを開いてすべてのbrackets.exeを停止する
  2. bracketsのキャッシュフォルダーを開いて、その下のファイルをすべて削除する
    Windowsだとこれ
C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Brackets\cef_data
詳しくはこれを読んでください。

 ※注意点

  • 規模の大きいプロジェクトの場合
    複数のプロジェクトがあるときは、サブプロジェクトのフォルダーを開いてBracketsを利用するしかなさそうです。
  •  

2015年11月18日水曜日

YWTのやり方[ぼやき][ソフトウェア開発]

会社の社員教育の一環で「YWT」を毎月やっています。

2015年11月17日 会社の会議にて

「YWT」は、ふりかえりの手法なのですが、やり方がはっきりと理解できなくて、他の人から考えが薄いと突っ込みがありました。(イラっときたのでw)改善すべく調べてみました。

  • 『ビジョンを叶えるために。個人でも出来る戦略を考える第1歩 ? YWTを使った戦略の立てかたとは | Social Change!』
    http://kuranuki.sonicgarden.jp/2013/06/ywt.html
    ソニックガーデンの倉貫氏、以前、某研究活動のインタービューでお世話になったことがあるのですが、KPT以外にYWTも実践しているようで、説明が一番わかりやすかったです。

Y(やったこと)

  • 期間中にやってきたことを思い返す
  • 立てた仮説がどうだったかを考える

W(わかったこと)

  • やったことに対して何か学ぶことができたか?
  • 何か気づいたことはないか?

T(つぎにやること)

  • Wを基に次の期間に取り組むための仮説を考える
YWTの数は、2、3個出して繰り返しチームでやる。

感想

YWTは、仮説を立てないといけなかったんですね。
YをやるためにはTが必要だが一番最初はTが無いのでYはどうなるの?
まるで鶏と卵の関係のようですね!

2015年11月17日火曜日

e2eテストのテスト設計[AngularJS][ソフトウェアテスト技術]

AngularJSで作られたアプリケーションのe2eテスト(end to end)のテストをすることになりました。

調査をする前に、現状と課題を把握しておこうと思います。

現状

  • そもそもE2Eテスト自体を理解していない
  • 何をテストすべきなのかがわからない
  • grunt、jasmine、protractorを使ってテストを自動化することは理解ができる
グーグル検索で調べると、Protractorを使用したe2eテスト入門みたいなものはいっぱいあることがわかります。しかし、テスト設計やテスト仕様など、テスト方針みたいなものがなかなか見つかりません。

課題

テストは、チーム全員で実装するものなので、場当たり的にテストコードを書くことはできません。書いたら終わりじゃなくてメンテナンスも必要ですし、何をどんな方針でテストするかを明確にしてから、テストコードを書き始めたいと考えています。手動のテストケースベースのテストを補完する形の実装が好ましいのか?そんなこと実現できるのか?カバレッジなどテストメトリクスを取得できるか?テストコードの質は評価できるのか?・・・などなど

要するに、テスト設計をしっかり決めたいのですが、実践的な情報はあまり見つからないし、自分にもスキルがないのげ実状ですね。いろいろまとまったらまた書きます。

以上

2015年11月15日日曜日

[World of Tanks]SU-100Y Redshire 8両撃破

久しぶりに、WoTネタ。

SU-100Yで8両撃破できたので投稿します。

SU-100Y 車体も砲もめちゃくちゃでかい

初期展開でF4にELCが移動したのだが、すぐにやられてしまって目がいなくなった。

ミニマップ(レッドシャイア-通常戦)
それどころか、狙撃できる味方が1両もいなくなったので自分が戻ることにした。

これが結果的に正解だった。隠ぺいを捨ててカニ眼鏡を乗せたのが正解だろう。
でも、本当の勝因は、重戦車が重戦車らしい働きをしてくれたこと。T1HTが頑張ってくれたと思う。
チーム運が良かった。ありがとう。

IS2に直撃2発、2発目はエンジン火災を引き起してさようなら。
日本版ティーガーには側面から1発で弾薬庫が爆発して1撃でさようなら。

その他、自陣に向かう敵を狙撃して、気が付くとキルスティールの6キル。最終的に8キルでラドリー・ウォルター勲章を頂きました。


戦闘結果(レッドシャイア-通常戦)
150円で週末分のプレミアムアカウント買っといてよかった感じ。
やはり、Tier 6のプレミアム戦車。
がんばっても8万5千クレジット止まりなんだな。

戦闘結果-収支(レッドシャイア-通常戦)
リプレイはこちら。




最後に同じTier 6のDicker Maxも持っていますが、DMaxの方が扱いやすいと今も感じる。


以上



2015年11月13日金曜日

[ぼやき][ソフトウェア開発] Sublime Text をやめて Brackets に移行します

ここ数年、開発作業には、Sublime Textを使っていましたが卒業します。

いままでありがとうございました。

理由は、次のとおりです。

  • 日本語が微妙
  • ライセンスがFreeじゃない(ごめんなさい)
  • Sublime Text 2のツリーの表示が嫌い


Bracketsは、Adobeの開発者が社内のハッカソンで開発したらしいオープンソースのFreeなエディターです。まだ、あまり試していませんが、見た目はよさそう。ツリーがやや難あり、プラグインなどの扱いが直感的、Webの画像やHTMLの扱いが得意そう・・・

使いこなせたら、何か投稿しようと思う。