2016年6月11日土曜日

[Daily Stuff]TUMI Alpha Bravoの鞄は自分の通勤に向かない

 TUMIのAlpha Bravoの黒い鞄をこの2、3年使っていたが、イラッとする点が何点かあるのでまとめておく。

◆良いところもいっぱいあるのだが…重すぎ

バリスティックナイロンや緩衝材でしっかりしている作りの鞄である。
当然、値段もそこそこするのだが重い。1.2kg程度の重さとあるが、荷物を入れると本当に重すぎる。

荷物を少なくする工夫が必要かもしれないが、そもそもの利用背景が日本向けじゃないと感じる。
西洋人(特にアメリカ)は、長時間、混雑した車内で棒のような立ちながら通勤する環境でこんなの鞄を手持ちしないんじゃないのか?

◆仕様をわざと表示しないのはなぜ?

公式ホームページにはいろいろな鞄があり、仕様を見ることができるが、鞄の「サイズ」はあるのに「重さ」の情報がない。

トゥミ公式サイト|TUMI

なぜだろう?「重さ」に関しては、他社にかなわないから意図的に表示していなと思う。

ストラップを使えば通勤も楽では?と思う人もいるだろうが、私は、ストラップを使わない派である。
お腹周りに鞄を密着させて混雑した車内で立つていると幅をとるので邪魔だし、他人がそんな状況でスマホとかやられるとイラッとくるからだ。

◆ノイジーな鞄

生活ノイズに神経質な自分のため、歩行中のノイズがすごく気になります。

この鞄、ジッパーの引き手が金属なのでこれがNG。鞄の持ちて部分やショルダーストラップのジョイント部分に当たってキンキンと音がする。


きちんとジッパーを閉めて、当たらないところに配置すれば干渉しないと思うだろうが、通勤時間帯に歩きながらの物を出し入れとかするとそんなこと気にしていなれません。

ショルダーストラップの金属と引手

スライダーと引手部分が両方金属なのでやはりキンキンと音がするのだ。
この金属音、TUMIの鞄を持っている人はみんな出しているので、通勤時に聴いてみてください。

スライダーと引手

0 件のコメント:

コメントを投稿