Linuxのディレクトリ構成[Linux]

Linuxのディレクトリ構成

興味津々な眼差しのサザナミインコ
ファイルをどこに置こうか迷うことがあるのでこういう情報があると助かりますね。
七鍵 key@do.ai さんのサイトから転載させていただきました。
  • /(ルートディレクトリ)
    • /bin(基本コマンド)
    • /boot(起動に必要なファイル)
    • /dev(デバイスファイル)
    • /etc(設定ファイル)
    • /home(ユーザーのホームディレクトリ)
    • /lib(共有ライブラリ、カーネルモジュール)
    • /lib(重要な共有ライブラリの代替)
    • /media(リムーバブルメディアのマウントポイント)
    • /mnt(一時的なマウントポイント)
    • /opt(追加アプリケーション)
    • /proc(プロセス情報など)
    • /root(root用ホームディレクトリ)
    • /sbin(システム管理用コマンド等)
    • /srv(システムによるサービス)
    • /tmp(一時的なファイル)
    • /usr(各種プログラム等)
      • /usr/bin(ユーザが利用するコマンドの大部分)
      • /usr/include(Cプログラムが用いるヘッダファイル)
      • /usr/lib(ライブラリ)
      • /usr/sbin(重要でないシステムコマンド)
      • /usr/share(アーキテクチャに依存しないデータ)
        • /usr/share/man(manページ)
        • /usr/share/misc(様々なデータ)
      • /usr/X11R6(X Window用)
      • /usr/game(ゲームとコマンドの学習)
      • /usr/lib(ライブラリの代替形式)
      • /usr/src(ソースコード)
    • /var(変更されるデータ)
      • /var/cache:(アプリケーションのキャッシュデータ)
      • /var/lib:(動的な状況情報)
      • /var/local:(/usr/local用の動的なデータ)
      • /var/lock:(ロックファイル)
      • /var/log:(ログファイルとディレクトリ)
      • /var/opt:(/opt用の動的なデータ)
      • /var/run:(実行プロセス関連データ)
      • /var/spool:(アプリケーション用スプール)
      • /var/tmp:(システム再起動時にも保存される一時ファイル)
      • /var/account:(プロセス課金記録)
      • /var/crash:(システムクラッシュ時のダンプデータ)
      • /var/games:(ゲーム用動的なデータ)
      • /var/mail:(ユーザのメールボックス)
      • /var/yp:(NISデータベースファイル)

参照元

コメント